ジョヤスタジオ

Hand-blended fragrance and candles by New York based designer, Frederick Bouchardy

NYを拠点とするデザイナー Frederick Bouchardy が手がけるブルックリンハンドメイドフレグランス、キャンドル

15件の商品

件表示

15件の商品

件表示

Story of Frederick Bouchardy

あなたの作品に関することなどお話いただけますか?

私たちの製品はすべて、ブルックリンのクリントンヒルにあるスタジオで多くの職人によって作られています。

肌に付けるもの、自宅で使うもの、プロの現場で使われるもの、いずれであっても香りは空気を通して目に見えずに広がっていくという点において同じです。
私たちは「香り」を作るということはデザインであると考えています。
私たち独自の作品やコラボ作品においても、新しい体験を提供することを目的として作品を作っています。

これまでの経歴について教えてください。仕事を始めたきっかけや、影響を受けたものなどはありますか?

あるデザインの仕事がきっかけで情熱を持ち、今の仕事に繋がることになりました。
最近影響を受けたものというと、19世紀、20世紀のアメリカの詩や、自由な表現、1960年代から1980年代の音楽、The Near and Farなどです。

日本では儀礼的な意味以外でキャンドルを使うことがあまり一般的ではありません。
日本の方に向けてキャンドルの楽しみ方の提案などはありますか?

私たちの作品を身近な芸術品として楽しんでみるのはどうでしょう。
また、私たちのスタジオでは香水、キャンドル、ディフューザー、石けんの容器も作っていますので、それを集めたり、自分なりの使い方を見つけてみるのもいいかもしれません。

ある意味では儀礼的な意味以外でキャンドルを使うことも、日本の方にとっては一つの儀式と言えるかもしれません。それは自分の空間に自然の光と自分好みの香りにより雰囲気を加えるものだからです。

作品においてこだわっている部分は何ですか?またその理由とは?

原材料、そして製造工程の質です。それが私たちの作品を際立たせるものだからです。

今一番興味のあることは?

Universal TruthsとPatterns That Connectです。

あなたの活動している街について教えてください。お気に入りの場所などはありますか?

私たちのスタジオは、ブルックリン・ネイビー・ヤードから1 ブロックのところにあります。もともとはリギング トラックのガレージでしたが、最初の仕事場かつ基幹店舗とするために改装しました。店の外観は建築家のTaylor とMiller にデザインしてもらい、実際に作品を作る過程が見えるようになっています。海外で多くの賞も受賞して います。
近くにあるものでは、Parlor Coffee とThe Kings County Distillery Gatehouse が気に入っています。